2006年10月04日

市場が拡大する家事代行サービス

家事代行サービスの市場が拡大しているようです。

働く女性が増えたこと。

以前なら、おばあちゃんがいて、おじいちゃんがいて、小学生の子どもが何人もいての大家族だったのが、核家族化の進行で、一人のお母さんが幼い赤ちゃんに手がかかってしまう・・など。

オーマイニュースの記事によれば、「1999−2000年の平均として経済産業省が算出した547億円という数字があるが、現在も恐らく伸びているだろう」としています。

547億円がどれほどの経済規模かは分かりませんが、伸びているということは将来への展望が広がることであり、家事代行サービスは成長産業だと言えます。

セコムは今年、家事代行サービス(ホームセキュリティの契約世帯が利用可能)のエリアを東京・大阪から、他府県へと拡張している、とか。

大手ばかりでなく、名古屋エリアを重点的に行っているアクションパワー(大津たまみ社長)も、事業拡大に努めています。

年収1000万円超の女性の13.1%が家事代行を利用するなど富裕層を中心に広まっている家事代行。

自分でやるのは面倒なこと、時間がかかることを他人にまかせて自分はラクをする、他のことをする、という価値を提供するだけなら、どこでもあります。

でもアクションパワーはそれだけにとどまりません。

要らなくなった書籍、電化製品を換金して、それをユーザー様にお返します。

ユーザー様とのふれあい、交流のほか、ロハスなど豊かな生活に役立つ情報、用品を提供できます。

お問い合わせは、電話052・482・1870アクションパワーまで。
posted by madamfusein at 19:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 掃除洗濯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

掃除洗濯に年268時間40分も

プロハウスキーパーというハウスクリーニング会社が、 2004 年 9 月、お客様を対象に『掃除洗濯と、生活時間に関するアンケート』を実施しました。

それによると、掃除洗濯に費やしている時間は、単身の方で一週間に平均4時間 25 分、ご夫婦の方は一週間で平均 5 時間 55 分。

単身の方と、ご夫婦の方の合計平均が 5 時間 10 分というのです。

これを一年間( 52 週)で計算すると、「ちりも積もれば山となる」で、なんと 268 時間 40 分 になります。

人生で最も貴重な時間が、掃除洗濯でつぶされているではないかと思いたくもなります。

もしかりにこの時間を自分の生きがいの時間に回せば、人生はもっともっと充実した潤いに満ちたものになるかもしれません。

「時は金なり」。

ハウスクーリング業は、時間の足りない人たちの大切な時間を作り出して、その人たちの人生に大いに役立てているのですね。
posted by madamfusein at 21:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 掃除洗濯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。