2009年06月06日

マイケル・ジャクソンと森蘭丸

上村くにこさんの「恋愛達人の世界史」という本があります。

今でこそ恋愛は自由ですが、この書によれば、中世には不倫と同義語であったそうです。

知られざる恋愛について、ホモが当たり前・・だったとか。

日本でも、戦国時代、森蘭丸などの側近は男娼として、お殿様にお遣えしていたのです。

以前ブログで書いた「マイケル・ジャクソンと森蘭丸」を再掲します。

☆  ☆

アメリカの人気歌手のマイケル・ジャクソンは、子供に性的虐待をしていたのか。

裁判所に向かうマイケルは、テレビカメラに向かって、親指を立てて、何だろう?

無実だと訴えているのか、マスコミを挑発しているのか、性的虐待が事実なら、反省の色なし。

だが、かりにマイケルが小児性愛だとしても、驚くことはない。

時代が変わっても、国が違っても、日本の戦国時代にもそうしたことはあった。

織田信長だって、小児性愛者であったらしく、森蘭丸などの側近は男娼として置いていたといわれているが・・

因みに小姓(こしょう)というのは、昔、貴人のそば近く召し使われて種々の雑用を受け持った者。

多くは少年で、男色の対象ともなったともいわれるが、時代劇などでよく殿様の後ろに刀を持って控えている少年がそれ。

その時代の小児性愛は、武将のたしなみのひとつであり、嫌な少年には迷惑なことだが、粋な性的指向でもあったとされる。

一般的に蘭丸は美貌の小姓として有名で、男色のお相手というイメージが強いために、信長の寵童として見られがちだが、その実像はよく分からないというのが真相のようだ。

森蘭丸は明智光秀の謀反に事前に気付いていたが、信長に注進しても相手にされなかったという。

明智光による本能寺の変。

森蘭丸は斬られる。享年18歳。

アメリカでは、性犯罪者から子供達を守る「ミーガン法」も制定されているが、マイケル・ジャクソンが小児性愛者なら、その該当者になろうか。
posted by madamfusein at 10:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120932106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。